リアルに描いてみようと思いました

f:id:vanq:20160214214411j:plain

デッサン。かたちの狂いが目立つのがこわくてあえてリアルに描く(一歩踏み込んで描く)のを避けていました。だけど、リアルに描いたほうが見比べやすくて結果狂いをなくすことができるとやっと実感できてきました。

 

ここ最近のデッサンは柔らかい鉛筆で粉をふりかけて終わりみたいな、とりあえず図形があってて大きな明暗があってればいいみたいな、雰囲気だけを重視してました。まあそれさえもできてはいませんでしたが。

 

リアルに描こうとすると変に力んでしまうので無難に無難にやってた感じです。でもただそれだけだと物足りなくなってきました。紙の上に鉛筆じゃなくてものが存在している感じを出したくなってきました。

 

きわの処理が甘いのはごまかそうとしていたせいです。でもそれは逆効果でした。ごまかしたほうが実物とは違ってみえてしまうので見え方に従って決めていきたいです。

f:id:vanq:20160215003736j:plain

広告を非表示にする