シェアハウスに住んでから2ヶ月が過ぎようとしている。

f:id:vanq:20150630120414j:plain

都内の一軒家で9人暮らし。起業家がいたり、女優志望の劇団員がいたり、美容師がいたりする。昨日は「旅人」が14日間のヒッチハイクから帰ってきた。いつも楽しい。おしゃべりしたりごはんしたり。最初のころは不安もあったけど今では「じぶんの家」になっている。

立地も良く、どこへゆくにも困らない。近くには代々木公園もある。今度みんなでバドミントンをしにいく。外でやると風があるから中でやりたいと本気になっているひとがいる。自分である。都会に住むと自然のありがたさがわかってくる。越し立てのときは優雅に早朝ランをやり悦に入っていたが、ガテン系の仕事をしてからやる必要がなくなった。それでもたまにカラスを見に行ったりする。

f:id:vanq:20150811151854j:plain

 

そんな家もあと1週間ほどで去ることになった。引越しをする。次もまたシェアハウス。御徒町にある。御徒町って音の響きが、いやなんでもない。今度の物件は20人もひとがいる。どんな事件が待っているだろうか。刺すか刺されるか。はらはらどきどきである。ほんとうは笑う笑わせるかの世界。

実は、御徒町に住むのは2週間もない。なんとまたお引越しをします。上野です。上野に引っ越します。上野駅のすぐ近くです。3ヶ月で3回住所が変わるという展開。あやしいことをしている人間のよう。敷金礼金などといった初期費用がかからないのは救いだが時間と手間はさけられない。でもばかみたいでおもしろい。ばかです。

 

芸大まで歩いていける。物理的な距離だけは詰めている。

広告を非表示にする