来年の今頃

 合格してたらいいな。Twitterで”芸大”って検索して、どんなひとが合格したのかこそこそ調べた。話したことはないけれど顔は知っている東京の予備校で一緒だったひとたちがたくさん受かってた。おめでたいと思った。うらやましいと思った。

 すこしの間だけど一緒に勉強ができたことに感謝している。間近で彼ら彼女らの作品を見ることができた。どれくらい描ければ、作れればパスできるのかがわかった。1度、石膏デッサンの課題のときに一切描かず、丸一日見学に徹した日があった。あのときの姿勢というか眼差しというかそういうのを覚えてる。最終的には自分がデッサンをするわけだし、平面、立体をつくるわけだけど、他人の作業過程をみるのは勉強なった。もちろん東京だけじゃない。日頃からいる広島の予備校でもとてつもなくおせわになった。先生、ジムの方々、生徒たち、ふらふらしている変な人間にかまってくれてありがとう。何度お礼をいっても終わりがないほどです。本当にありがとうございました。

 

 来年の今頃、上野の掲示板の前で喜ぶ自分を正直想像できない、今は。だけど、やっぱりいいイメージを持って制作しないといけないと思う。受かるんだと思ってやらないと受からないと思う。無理矢理にでも受かる自分を想像して、練習して上手くなって、もっと合格を想像しやすくなって、上手くなってー。

 無駄に口を動かしている場合じゃないすね。やらないとできない。練習あるのみ。

広告を非表示にする